当サイトはリンクフリーです

上記バナーご利用ください。

http://keima-dou.jimdo.com

※このサイトは携帯電話・スマートフォン非対応です。ご不便をおかけしまして申し訳ありませんが、PCからご閲覧下さい。

お知らせ

2017/5/22〜6/22
 3周年記念キャンペーン実施中!

初めての方、この機会にぜひお試しください!

 

2016年3月1日より

営業時間変更となります。

平日:16:00〜翌6時まで!

ご予約はご希望日の前日22時までにお願いいたします。

 

2015年5月22日

桂馬堂一周年記念キャンペーン、表紙用特殊紙は在庫が無くなるまでお受けします!

一周年記念キャンペーン

 

2014年9月3日

コピー代行・製本サービス料金改定!

単一原稿20枚以下は値上げとなりますが、その分製本サービスをお安くさせて頂きました!

 

コピー代行・製本サービス

 

2014年5月22日OPEN!

不慣れな部分も多々ありますが、お客様に喜んで頂けるよう日々精進いたしますので、よろしくお願いします!!

Twitter

コピーアラカルト

 

保存形式で、そんなに差が出るの?

面付けしないでコピーできないの?

実際に特殊紙を使った場合はどんな風にプリントアウトされるの?

そんな疑問にお答えすべく、こちらでは実際にプリントアウトしてみたものをご紹介します!

保存形式による画質の差について。

 

どうしても写真では再現不可能でしたので、現物を見て頂くしかないのですが、TIFFとJPEGの間の差はほぼ無いです。PDFは『文章専用』と思われがちなのかあまりご用意される方がいらっしゃらないのですが、当店でご用意している機種は、オフィスでの利用前提ですので、むしろPDFがモアレも少なく一番綺麗です。便利な機能もPDFが一番使えますので、可能ならばPDFでの保存をお願いいたします。

 

また、よくPDFと勘違いされるのか『PNG』形式で保存された原稿をお持ち込みの方がいらっしゃいますがPNG、及び当店でお願いしている保存形式以外は対応しておりません。(ai形式は開く事すらできません)

普通にプリントアウトもできますし、画質も悪くありませんが、レイアウト印刷にも両面コピーにも対応しておりませんので、一度プリントアウトした紙を再度コピー、という手順になります。

データから直接プリントしたものよりは画質が落ちる事になるということをご理解下さい。(スクリーントーンが若干薄めになり、元原稿にはなかったモアレが生じる場合がありますが、よほどこだわりのある方以外はあまり気にならない程度です)

保存形式による余白の差

当店の機種で最も色々な機能に対応している保存形式は『PDF』です。

イラスト・マンガ等で断ち切り部分の余白について気になる方は、こちらをご確認くださいませ!

余白について